So-net無料ブログ作成

努力の先にあるもの [スポーツ]

6月21日(土)に、小2の娘のバトンのコンテストがありました。

先日、「挫折」という記事で書いたように、今度ばかりはどうにも
ならないかもしれない・・・と思っていた大会です。
http://64kago.blog.so-net.ne.jp/2008-06-14

上記の「挫折」から7日間、死に物狂いで、それこそ必死に
練習をしていたかというと、そうでもなく(笑)
当の本人は意外とのん気で、周りのほうがやきもきするような
状況の中、とりあえず、「練習しなさい!」と言われるから練習
している・・・というような状態でした。

仕上がりとしては、うーん、残念ながら・・・という感じでした。
これで本番を迎えても、バトンを何度も床に落として恥ずかしい
思いをして帰ってくる最悪のイメージが頭をよぎりました。

当日はあいにくの雨。
会場は東京ディズニーランドよりも、もっと先にある、千葉ポート
アリーナという場所。
はっきり言って、遠い(T^T)

会場に着いて、娘を先生に預けると、娘は選手席に行くので、
後は幸運を祈るばかり・・・。

一般席に座って、ビデオカメラを片手に娘の出番を待ちます。

娘のセット番号が近付き、娘が会場に姿を現しました。
審査員の前でバトンの演技をする直前に、ウォーミングアップ
エリアという場所で5回ほど演技を通しで練習することが
できるのですが、そこでの演技は散々でした。

これがあと数分後に審査を受ける人の練習か!?と頭を
抱えてしまうほどです。
「こりゃダメだな」
正直、そう思いました。

ほどなくして、娘が審査を受ける番がやってきました。

ビデオカメラを構える僕も緊張します。
「頼むから頑張ってくれよ・・・」

音楽が流れました。
最初にバトンを空中に投げて、その場で2回転してキャッチする
ツースピンという大技が入ります。
これを落とさず取れるかどうかで、判定も大きく変わりますし、
演技をしている本人の精神状態にも影響が出てきます。

最初のツースピン、おっ!取れた!
いつになく、いい笑顔で身体の隅々に意識が行き渡っている
様子が、遠く離れて見ていても分かります。

にわかに、この次の展開にも期待してしまいます。

いつもバトンを落としてしまう、バトンを真横に回すフラット系の
投げ技も、今日はキレイに決まっています。

これはもしかすると・・・もしかするかも・・・
ビデオカメラを撮影する手が興奮で震えやしないかと思いました。

演技を全部やり終えて、曲だけが余ってしまっている状態だった
ので、アドリブで技を入れて間をつないでます。
最後のツースピンもキレイに決めて、サリュート(敬礼)で終了。

なんと、ノードロップで演技を終えましたよ!
ノードロップというのは、一度もバトンを床に落とさなかったと
いうことで、意外と難しいことなんです。

久々に、娘の神がかった演技を目の当たりにして、ちょっと
感動してウルウルきちゃいました。

いつもそうなんです。
こちらの想像を超えた演技を見せてくれる。

あの小さな身体のどこにそんなパワーがあるんだろう。
直前まで、あんなにボロボロな練習をしているのに、本番では
信じられない集中力を発揮するんですよね。
本人曰く、バトンをやっている時は、緊張しないんだとか。
「本番に強い」ということか。

これはもしかして、もしかすると金賞の金メダルかー!?
期待に胸が膨らみます。

会場のロビーで娘を迎えると、手渡されたのは銀色のメダル。

一瞬、「え?」と思ったけど、瞬時に、「そっかぁ」と思った。

今回、同じコンテストに出場した4人の選手の中で、娘以外は
金メダルでした。

想定していた結果ではあったけれど、少しも残念とは思わな
かったのは、想定外でした。

だって、あれだけの演技を見せられたわけですよ。
これまで娘の練習を見てきた僕と奥さん、バトンクラブの先生、
友達やそのお母さん達、誰もが
「これまで見たこともないくらい、すばらしい出来だった」
と言ってくれたほどです。

本人も、完全に全力を出し切って、実力以上の力を出して、
しかもノードロップで終れたという結果に、ある意味、満足して
いるんです。

その結果としての銀賞、銀メダルは、金メダルよりもむしろ
価値のあるものに思えました。

今回の中級ソロトワールというレベルからは、採点基準が厳しく
なるんです。その中で銀賞だったということは、それだけの
実力はあったという証明でもあるわけですから。

結局、金メダルに届かなかった要因としては、技のレベルでは
なく、身体がふらつかないといった姿勢欠点など基本的な素養が
足りないようでした。

つまり、娘の場合、技に走り過ぎていて、バレエのように優雅に
見せる演技ということに関しては、まだまだというわけです。

この結果を受けて、過去の自分の体操競技経験と重なる点が
あって笑えました。
僕も体操の技を覚えるのは楽しくて好きだったのですが、
それを演技として構成を考えたり、キレイに見せるということに
関しては、まったく関心がなかったんですよね(笑)

親子というのは、どうしてこう欠点も似てしまうのか・・・(^^;)

帰宅後、娘は録画された自分の演技を、何回も繰り返し見て、
どこが悪かったかメモを取ってました。
今回の結果を受けて、もう限界・・・と思うかと思ったのですが、
「次こそは金メダル!」と闘志をメラメラ燃やしておりました。

そうだね。
リベンジする機会が与えられたということは、いいことだよね。
次回も僕の想像を超えた感動を見せておくれ(^^)

0623_1.jpg
nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 10

ぱらむ

パパのドキドキが伝わりました。
娘さんより、緊張したのでは?

銀メダルとは絶妙ですね。
挫折させず、かといって甘やかさずに評価すると言うかんじ。
次につながるという意味でも、絶妙ですよね。

あまり順調では、喜びも半分ですから、
苦労があったほうが先々、いいですよね、きっと。

バトンも新体操などと同じで、バレーの要素が入ってるんですね、
お嬢さんが、美に目覚める日が決め手ですね。
by ぱらむ (2008-06-25 10:20) 

Pピャプ

ブログを読んでいて、目がウルウルしたのは僕だけでしょうか(^^;
会場の様子・娘さん・さなぎんさんの様子が良く伝わりました!!
by Pピャプ (2008-06-25 12:26) 

みかんがに

銀賞おめでとうございます~♪
いつも以上に力が出せて、結果も出して、すごいすごい!!
小2できれいに見せるまで考えちゃったら、ちょっと早熟です(笑)
年齢とともにもっともっと大きく飛躍していくお嬢さんの成長は、
楽しみですね~

それにしても、落としちゃうかもと思うバトンの演技を見るのは、ひやひやするんでしょうね~聞いただけでどきどきしますもの。
by みかんがに (2008-06-25 13:22) 

ニック

娘さん本番に強いタイプなんですね。
プレッシャーに強いタイプというか
力に変えちゃうタイプなんでしょう。
サナギン家の血筋かな?
なにはともあれ銀メダルおめでとうございます!
この先も楽しみですね~
by ニック (2008-06-26 13:30) 

サナギン

●ぱらむさん

>パパのドキドキが伝わりました。
>娘さんより、緊張したのでは?

ものすごく緊張しました(笑)
自分が舞台に立っているほうが、よっぽど楽かも
しれませんね(^^;)

>銀メダルとは絶妙ですね。
>挫折させず、かといって甘やかさずに評価すると言うかんじ。
>次につながるという意味でも、絶妙ですよね。

はい、絶妙です。
しかも銀賞にもランクがあって、B+、B、B- となってまして、
娘はB+だったので、限りなく金賞に近い銀賞でした。
そういった意味でも、本当に絶妙です(笑)

>あまり順調では、喜びも半分ですから、
>苦労があったほうが先々、いいですよね、きっと。

僕もそう思っています。
そう簡単に進んでしまっては、成長につながりませんよね。
子供の頃って、一つ一つの結果が与える影響は非常に
大きいものですから、ここは一つ足踏みをするくらいで
ちょうどいいのかなと思います。

>バトンも新体操などと同じで、バレーの要素が入ってるんですね、
>お嬢さんが、美に目覚める日が決め手ですね。

そうですね、バレーの要素は本当にたくさん入って
いるんですよ。
つま先立ちしたり、バレーで使われる用語もしょっちゅう
使われてます。
おまけに体操の技も入ってくるので、総合的にいろいろな
技を体得できるので、ちょっと特かもしれません(笑)
by サナギン (2008-06-27 18:46) 

サナギン

●Pピャプさん

>ブログを読んでいて、目がウルウルしたのは僕だけでしょうか(^^;

えへへ(^^)
子供がいると、本当にこういう気持ちになりますよね!

>会場の様子・娘さん・さなぎんさんの様子が良く伝わりました!!

ありがとうございます。
次のステップ目指して親子で頑張ります!
by サナギン (2008-06-27 18:48) 

サナギン

●みかんがにさん

>銀賞おめでとうございます~♪

ありがとうございます!

>いつも以上に力が出せて、結果も出して、すごいすごい!!

そうですね。
さすがに今回は娘を褒めまくりましたよ(笑)

>小2できれいに見せるまで考えちゃったら、ちょっと早熟です(笑)

そんなものですかね?(笑)

>年齢とともにもっともっと大きく飛躍していくお嬢さんの成長は、
>楽しみですね~

確かに、この先どんな風に成長していくのかなぁ?と
思うと楽しみです(^^)
まだまだこれからですもんね。

>それにしても、落としちゃうかもと思うバトンの演技を見るのは、
>ひやひやするんでしょうね~聞いただけでどきどきしますもの。

もうドキドキなんてもんじゃありませんよー(笑)
どんなに上手な人、例えば世界レベルの人でもバトンを
落としてしまうことがあるので、まぁ、仕方がないと言えば
仕方がないのですが、それでも落とさないということは
やはりすごいことなんだと思います。
by サナギン (2008-06-27 18:54) 

サナギン

●ニックさん

>娘さん本番に強いタイプなんですね。
>プレッシャーに強いタイプというか
>力に変えちゃうタイプなんでしょう。

なるほど、プレッシャーを力に変えられると
確かに強いですね。
多分、楽しんでいるんでしょうね、プレッシャーを。

>サナギン家の血筋かな?

(笑)どうでしょうね?
僕も目立ちたがり屋ではありますけど(笑)

>なにはともあれ銀メダルおめでとうございます!

ありがとうございます!

>この先も楽しみですね~

そうですね。
次は7月の発表会です!(^^)
by サナギン (2008-06-27 18:57) 

あげは

すごいですね!

ツースピンができちゃうなんて・・・
しかも、ノードロップ・・・
私は、ワンスピーンで、せいぜいですよ;;
娘さんは、すごく頑張ったんですね。

銀メダル、おめでとう御座います!

by あげは (2008-06-27 19:45) 

サナギン

●あげはさん

>すごいですね!

ありがとうございます(^^)

>ツースピンができちゃうなんて・・・
>しかも、ノードロップ・・・

ミラクルですよ、本当に(笑)
ツースピンは泣きながら必死に練習してました(^^;)

>私は、ワンスピーンで、せいぜいですよ;;

ワンスピンも難しいですよね。
あれを覚えるのだけで、1ヶ月以上掛かりました。
ワンスピンできるだけでも尊敬しますよ(^^)

>娘さんは、すごく頑張ったんですね。
>銀メダル、おめでとう御座います!

ありがとうございます!
娘も喜ぶと思います(^^)
by サナギン (2008-07-01 12:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。