So-net無料ブログ作成

ボルダリングシューズをネット通販で買ってみた話(13)完結 [スポーツ]

ボルダリングシューズをネット通販で買ってしまい、
一カ月が経過しました。

想定外のサイズの小ささに泣きそうになりながら、
とりあえず、自宅でスリッパ代わりに履いて
「慣らし」を行う日々が続きました。

ようやく。

本当にようやく。

満を持して、ボルダリングジムデビューを果たし
ました!

1020_1.jpg

この日をどれだけ夢見て、待ち望んだことか。
この光景を見るだけで、登る前から、感無量です。

いやぁ、いざ本番となると、すごい緊張してしまい、
シューズに足を入れたら、一瞬、足の裏がつって
しまいました(笑)

気を取り直して、力まず、焦らず、いつもの
ようにシューズを履きました。

うん。大丈夫そう。

まずは、難易度の低いレベルの課題から挑戦。

おお!?

思っていたよりも痛くない!

というか、全然痛くない!!

これはさすがに、予想外の展開でした。

最初は、さぞ痛くてたまらないだろうなぁと
思っていたので。

そんなこんなで、最初の課題は難なくクリア。

1020_3.jpg

一本目を終わっても、足の違和感はなく。
とりあえず、シューズを脱いで休憩。

うーむ、これはかなりいけるんでないかい?

二本目、三本目と立て続けに登りましたが、
まったく問題なし。

四本目は、ちょっとレベルを上げた課題に挑戦。
小さなホールドに、つま先立ちになるなど、
足に掛かる負担も大きくなる場面もありましたが、
足が痛くなるということもありませんでした。

むしろ、厳しい場面にこそ、このシューズの
真価が発揮されるようで、レンタルシューズには
無い、踏ん張りが出来るような感覚がありました。

シューズを素足で履いているからなのか、
ジャストフィットのサイズを履いているからなのか
分かりませんが、まるで、何も履いていない
裸足で登っているかのような、足とシューズの
一体感を感じました。

これはすごい。

感動しました。

これを味わってしまうと、レンタルでシューズを
借りることは出来なくなってしまうかも・・・
というくらいの差がありますね。

結局この日は一時間半、ボルダリングをしました。

高いところから、マットの上に降り立つ衝撃で、
足が負傷しちゃうんじゃないか、とか危惧して
おりましたが、そういうこともなく。

終始楽しい感じで、クライミングに没頭する
ことができました。

1020_2.jpg



<<総括>>

ボルダリングシューズをネット通販で買ってみた話。

当初は、失敗したか!?と思いましたが、
結果オーライでした。

むしろ、大成功で、万々歳です。

日本で買うと約18,000円のクライミングシューズが
三分の一の価格6,000円で買えて、満足の出る結果
になったのですから。

なんなら、同じシューズをもう一足、予備に購入
しておこうかしら?と思うほどです。

ただね、これは本当にたまたま運が良かっただけの
話なのかもしれないし、すべての人が同じ結果に
たどり着くとは限らないかもしれませんよね。

例えば、最初に履いた時に、泣きそうになるくらい
に痛くて、絶望感というか、悲壮感がすごくて、
それこそ、リンス湯に浸けるか、シューズキーパー
を使って広げるか悩んだりもしました。

あの時に、その手段を取っていたら、今と同じ
フィット感を味わえたのだろうか?

この一カ月は、半ば意地になって、自宅で
スリッパ代わりに履いて慣らしていましたが、
それだって、かなり痛かったので、他の人なら
ギブアップしていたかもしれません。

1013_1.jpg

結果的に、一カ月で、シューズが広がったと
いうよりも、シューズに合わせて、僕の足が
出来上がったという感じが強いです。

また、クライミングシューズは、やはり登る
ための靴なので、平地を歩くようには設計
されていないようです。
平地を歩いて痛いのは、むしろ当たり前の
ようで・・・。

ともすれば、そこまで意地を張って、自宅で
慣らしを続けなくても、ジムに通って、
登りながら慣らすのもアリだったのではないか?
と、今になって思いますし。

一つ言えることは、
ボルダリングシューズをネット通販で買うには
覚悟がいるということですね。

失敗してもいいや、という覚悟が。

失敗したなら、失敗したなりに、なんとか
してやる!という覚悟が。

なので、他人にはオススメしません。

でも、僕は、二足目も購入するなら、まった
ネット通販で買っちゃうと思います(笑)

余談ですが、ボルダリングジムのスタッフや、
一緒に行った友達に

「わぁ!そのシューズ、かっこいいですね~」
「赤いの、いいですね!かわいいし、すごい映える!」

と褒められたのが、すごく嬉しかったです。

ネット通販で買った理由に、価格が安かった
こともありますが、そのデザインや色使いに
一目惚れした、というのもあるんですよね。

友達は、クライミングシューズを売っている
ショップに足を運んで買ったのだそうですが、
いろいろな種類のシューズを試し履きした結果、
足に合うのがこれしかなかったので、あまり
かわいくないんですよねーって言ってました。

つまり、選択の余地が無かったということですね。

確かに、僕もショップであれこれ試し履きした
ならば、お店の人に勧められるがままに、
無難なサイズのシューズに決めていたんじゃ
ないかと思います。

その場所に、いくらデザインが気に入った
シューズがあったとしても、なんとなく、
それを選べない雰囲気みたいなものがあるんじゃ
ないかなぁって。

あと、やはりそのシューズが高価過ぎると、
気が引けちゃいますよね。

ネット通販には、そういう心配はないんですよね。
自分の気に入ったデザイン、納得のいく価格を
とことん比較できる。

ただし、試し履きが出来ないというリスクがある。

この記録が、誰かのためにならんことを祈ります。

0921_1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ボルダリングシューズをネット通販で買ってみた話(12) [スポーツ]

ボルダリングシューズを、慣らすために
家の中で履くようになって、三週間ほど
経ちました。

毎朝、シューズを履いて家事をこなしたり、
毎晩、帰宅して、テレビを観ながらシューズを
履くという習慣が、だいぶ板に付いてきました。

1013_1.jpg

シューズの中でつま先が窮屈で痛いという
状況は、変わりありませんが、痛みを感じる
のは、履いた瞬間が最も痛く、次第にその
痛みにも慣れる感じがあります。

さすがに、シューズを履いたまま30分以上
生活していると、限界を感じますが、
この調子なら、ボルダリングジムで数分間、
壁を登ることには、耐えられそうな気がします。

変化としては、身体のほうにも変化が見られ
ました。
シューズの中ではつま先を曲げているわけ
ですが、シューズに当たる曲げた指の部分が
少し硬質化してきました。

ちょうど、長い期間、ペンを持って文字を
書いていると、ペンダコが出来るような
そんな感じです。

あと、シューズを慣らしていて気がついた
のですが、つま先に掛かる荷重が均等では
ないです。

どちらかと言うと、中指から小指に掛けて
体重が乗るような感じです。
(親指で踏み込むような体重の掛け方に
 なりません)

これは、僕が履いているシューズの特性
(ダウントゥ)によるものだと思うのですが、
土踏まずの部分がアーチ状に空洞になって
いるので、自然と小指側に体重が掛かる
みたいです。

1013_2.jpg

ただ、これはあくまでも平地で履いている
感想なので、実際に壁を登った時には、
違う感想を抱くかもしれません。

さて、来週でボルダリングシューズを
ネット通販で購入してから、一カ月が経過
しようかというところです。

慣らしもだいぶ出来てきたので、いよいよ
ボルダリングジムにデビューしようかと
思います。

ドキドキ・ワクワクしますね(^^)


nice!(0)  コメント(0)