So-net無料ブログ作成

拝み屋郷内「怪談始末」「花嫁の家」は実話か? [本・コミック]

拝み屋郷内「怪談始末」「花嫁の家」

怪談、好きですか?

もし好きなら、この二冊をオススメします。
もし嫌いでも、この二冊をオススメしますw

拝み屋郷内 怪談始末 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 怪談始末 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • 作者: 郷内心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/05/22
  • メディア: 文庫



拝み屋郷内 花嫁の家 (文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 花嫁の家 (文庫ダ・ヴィンチ)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 文庫


「拝み屋」という職業があるそうです。
「祈祷師」とか、「シャーマン」とか
そういう名前で呼ばれることもあるよう
です。

著者は、その「拝み屋」を営む郷内心瞳
という男性。
この二冊の本に収録されているのは全て、
郷内さん自身が見聞きした『実話』。

この二冊の本を読み終わって、僕が最初に
取った行いは、
「郷内さん、まだ生きてるのかな?」
と思い、著者の生存確認でした(苦笑)

実際に、郷内さんが運営されている
ホームページにアクセスし、「拝み屋」
として営業されていることを確認。
安堵しました。

それほどまでに、「危険」な怪談だと
思いました。

一冊目の「拝み屋郷内 怪談始末」。
こちらは、郷内さんが拝み屋という仕事を
通して見聞きした怪談を、読者に読んで
もらうことで「始末して欲しい」という
想いで書かれたもの。

「怪談」と一口に言っても、
「え?それだけ?」と拍子抜けするような
些細な怪異から、
「いやいやいや、それはあかんやろ」
というようなヘビーな内容まで多種多様。

中には、到底「始末し切れない」怪談まで
あります。

でも、それらは全て、後に続く二冊目の
拝み屋郷内 花嫁の家」の序章に過ぎない
のだと思いました。

本来「拝み屋」という職業は、僕らが想像
しているような「悪霊退散!」みたいな
派手な演出もなければ、その対象となる
「悪霊」そのものが存在しない事案ばかり
なのだそうです。

家内安全、無病息災、交通安全、安産祈願、
合格祈願、商売繁盛他などの各種加持祈祷。
先祖供養にペット供養。
はたまた家庭問題やいじめなど人間関係の
トラブルによる相談。
おおよそ地味で、粛々と執り行われる簡素
な儀式が生業なのだとか。

そんな「拝み屋」という職業の中でも、
十万分の一の確立で「例外」に当たる事も
あるのだそうで。
「拝み屋郷内 花嫁の家」の怪談は、その
例外中の例外を綴った実話です。

郷内さんも言っていますが、そもそも、
怪異は本人にしか視えない主観的なもの
なので、その「怪異」を客観的に証明する
ことは、非常に難しいそうです。

拝み屋に相談にくる客のほとんどが、
お客自身の「思い込み」によるものなのだ
そうです。

ですので、郷内さんの物語も、科学的な
根拠もなければ、あくまでも郷内さんが
見たと言っているにしか過ぎないので
「そんなの空想だよ」とか
「単なる偶然に過ぎない」と笑い飛ばす
ことも出来るかもしれません。

もし、作り話だとしたら、大変よくできて
いる物語だなぁと感心もしますが、ここに
登場する人物が全て実在されており、
さらには被害に遭われている方もいると
いう事実があるだけに、「実話」としての
信憑性も高いです。

そして何より、僕自身、子供の頃に奇妙な
体験をしている事が数回あるので、郷内さん
の怪談を、作り話とは思えないんです。

ああいう体験は、それこそ体験した本人に
しか分からない衝撃があるのだと思います。

すでに30年以上も前のことなので、あの
体験そのものが、もしかしたら見間違い
だったのではないだろうか?と段々と
自分自身の記憶をを勘ぐっていたりもして
おりました。

しかしながら、
拝み屋郷内「怪談始末」「花嫁の家」を
読んだことで、逆に、あれらの体験が
真実味を帯びた現実の記憶として、認知
されました。

見間違いであるのならば、商店街の中を
猛スピードで追いかけたり、裏山を
一目散に駆け下りたりしないはずなんです。

ああいう行動が伴うからには、それなりの
「理由」が必要なわけで、それらが、
本来見えるべきでないものが見えてしまった
ということであるならば、やはりそれは
「事実」なのであろうと、思わざるを得ま
せん。

そう思ったほうが、全て腑に落ちるのです


■その他のレビュー記事

郷内心瞳さんの『逆さ稲荷』を読んだけど拍子抜け?

『拝み屋怪談 禁忌を書く』 書かれていたのは禁忌ではなく・・・

「拝み屋怪談 来たるべき災禍」はジャパニーズホラー版マトリックスだ!

「拝み屋異聞 うつろい百物語」は「来たるべき災禍」の後日譚だった


拝み屋郷内 怪談始末 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 怪談始末 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • 作者: 郷内心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/05/22
  • メディア: 文庫



拝み屋郷内 花嫁の家 (文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 花嫁の家 (文庫ダ・ヴィンチ)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 文庫



拝み屋怪談 逆さ稲荷 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 逆さ稲荷 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/06/20
  • メディア: 文庫



拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/23
  • メディア: 文庫



拝み屋怪談 来たるべき災禍 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 来たるべき災禍 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/06/17
  • メディア: 文庫



拝み屋異聞 うつろい百物語 (イカロスのこわい本)

拝み屋異聞 うつろい百物語 (イカロスのこわい本)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

正樹

花嫁の家には魂消た!


そして異能者・芹沢の消息が気になる・・・。
by 正樹 (2015-08-11 15:49) 

サナギン

●正樹さん

異能者・芹沢真也のその後、大変気になりますよね。
そういう人が、自然と人間社会に溶け込んで生きて
いるかと思うと、うすら寒く感じます。
それこそ、恐怖ですよね。
by サナギン (2015-08-12 11:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。