So-net無料ブログ作成

そしてバトンへ [育児]

今年小学校5年生に進級した長女の話です。

この4月から、バトントワリングのクラブに復帰しました。

長女は4歳からバトンを始めました。
元々、僕も奥さんも体育会系なので、やるからには真剣に
やらせようと、半ばスパルタ的にやらせている感じは
ありました。毎朝6時には起床し、家の前でバトンの練習を
させていました。

その練習の甲斐あって、コンテストではそれなりの成績を
収めていたように思えるのですが、いつしか本当に本人が
好きでやっているのか、それとも親に言われてやらされて
いるのか、分からないようになっていました。

そんな矢先、奥さんのお腹の中に長男がいることが分かり、
物理的にバトンクラブへの送迎などが不可能になり、
バトンクラブからは身を引くことになりました。

バトンクラブをやめた後、長女は長かった髪をバッサリと
切って、男の子のような風貌になりました。
スイミングスクール、そろばん塾、バドミントンなど、
奥さんが送迎をしないでも通える範囲での習い事も始め
ました。

バトンクラブをやめてから、ほとんどバトンを触ることは
ありませんでした。あれだけ毎朝練習をしていたのに、
もうすっかりバトンをやる気はないのだな、と僕も奥さんも
思っていました。

そんなある日、小学校で「自慢大会」なるものがあり、
なんでも自分の得意なものを、みんなの前で披露する機会が
あったそうです。

長女も、何を披露しようかと色々考えた末に、バトンを
選びました。その選択には、僕らも「え?バトン!?」
と驚いてしまったほどです。

だって、ここ数年間、バトンのバの字も出ないほど、
バトンなってやっていなかったじゃない。なのに、自分の
特技としてバトンを披露するの?
長女も一度やると決めたら退かない性質なので、まぁ、
好きにさせることにしました。

結果として、たいした技を披露しなかったにも関わらず、
なんだかみんなからえらくチヤホヤされたようで、相当
嬉しかったようです。

そんな時に、神の啓示のように、長女に一本の電話が
架かってきました。バトンクラブの先生からでした。
なんでも、バトンクラブが今年で創設20周年を迎えるそうで、
夏にOGを迎えて発表会をするそうです。
そこで、長女にも誘いの電話が来たというわけです。

「わたし、やる!発表会に出たい!」

そう言い放った長女の顔は、明らかに輝いていました。
久しぶりに、なんかいい顔見た気がしました。

そして4月、晴れてバトンクラブへの復帰を果たした
というわけです。

しかし、このバトンクラブ、今では全国大会に出場する
ほどレベルが高くなっていて、長女がついて行けるか
どうか、とても不安でした。約3年間のブランクは
さすがに大きいのではないか・・・。

長女が発表会に出る演目も決まりました。
なかでも驚いたのが、ツーバトンをやると決まったこと。
ツーバトンと言うのは、二本のバトンを両手に持って
演技をするものです。

バトンクラブをやめる前だって、ツーバトンなんて
やっていなかったのに、復帰していきなりそんなこと
出来るのかと、思いました。
でも、本人のやる気を、先生は買っていたのでしょう。

その日から、長女の特訓が始まりました。
毎朝6時前から自分で起床して、家の前でひたすら
練習。以前のように「やらされている」様子はなく、
声でカウントしながら、真剣に練習に取り組んで
いました。

先日、バトンクラブにお邪魔して、長女の練習風景を
見に行きました。驚いたことに、ちゃんとツーバトンが
出来ていました。確かに、指先まで神経が行っていない
とか、細かいことを言えばいろいろ欠点はあるものの、
3年間のブランクを感じさせることはありませんでした。

そう言えば、この子は集中力を発揮すると、必ず結果を
残す子だったっけ。先生も、それを見抜いていたのかも
しれないな。

今思えば、一度バトンから離れたことは、よかったのかも
しれません。本人も、バトンから距離を置いたことで、
バトンに対しての気持ちを再確認できたのではないで
しょうか。

失われた3年の間も、長女は長女なりに成長してますし。
水泳も四泳法をマスターし、タイムもそこそこ伸びました。
地元のマラソン大会でも3位に入賞するなど、運動面では
体力がついてきたかと思います。
おかげでバトントワラーらしからぬ、ガッシリ・ムッチリ
とした筋肉質な体格になってしまいましたけど(笑)

今の長女の目標は、発表会のツーバトンの演目で、
センターの位置で踊ることだそうです。
いやいやいやいや。
さすがに、3年も休んでいた人間が、ひょこり現れて
センターで踊れるほど、世の中甘くありませんから。

でも、本人はいたって本気なんですよねー
本気でセンター狙ってますから。
あの集中力は、ちょっと尋常ではないですからね。
どこまで食らい付いていけるかは分かりませんが、
少なくとも、周りのみんなが「脅威」を感じるくらいの
プレッシャーを与えられる存在になれたらいいのでは
ないかと思っています。

そして、そんな長女を見ながら、僕も奥さんも、見習わ
なきゃいけないなと思いました。初めから無理とかダメとか
限界を決めてしまっては、何も得られないんですよね。
無謀であろうが、他の人に何を言われようが、やると
決めたら、猪突猛進、猫まっしぐら!(笑)

その中心にある「好き」という原動力を輝かし続けるのは。
本人の気持ち次第なんですよね。

子供ってすごいですよ、本当に(^^)

nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 7

まー

「今」がまさに「その時」だったんですね、長女ちゃん。
子ども(だけに限らず)が何かをする「時」って
きっと決まってるんでしょうね。
ちょうどその良い時に当たればぐんぐん伸びたりするけれど、
少しでもズレがあると上手くいかなかったり。

そう考えると、一旦やめる選択をしたのはすごいと思いますし、
ひいては長男くんがお腹に来てくれた事が
すごいタイミングだったんだと
神がかり的なものを感じますよ(^_^;

子どもの習い事って難しいですね。

我が家の次女は、習っていなかったくせに
「特技・ピアノ」「好きな事・ピアノをひくこと」と
書き続け(爆)、この1月からようやく習い始めました。
今、猛烈な勢いで練習していますが…どうなることやらと
思いながら見守っています。
by まー (2011-05-25 06:23) 

まー

すみません、追記です(^_^;
先日の素敵な贈り物、SNSの日記に写真何枚かUPしました♪
もしお時間ありましたら見にいらしてくださいませ〜(^_^)
by まー (2011-05-25 08:16) 

サナギン

●まーさん

>「今」がまさに「その時」だったんですね、長女ちゃん。
>子ども(だけに限らず)が何かをする「時」って
>きっと決まってるんでしょうね。

タイミングってありますよね~
特に子供は熱しやすく冷めやすいので、本人の気持ちと
タイミングがシンクロすることって、案外稀なことなの
かもしれないですね。

>そう考えると、一旦やめる選択をしたのはすごいと思いますし、
>ひいては長男くんがお腹に来てくれた事が
>すごいタイミングだったんだと
>神がかり的なものを感じますよ(^_^;

(笑)確かに!
長男はいろいろといい影響をみんなにもたらしている
ようです。彼の成長も、今後楽しみです(^^)

>我が家の次女は、習っていなかったくせに
>「特技・ピアノ」「好きな事・ピアノをひくこと」と
>書き続け(爆)、この1月からようやく習い始めました。
>今、猛烈な勢いで練習していますが…どうなることやらと
>思いながら見守っています。

(笑)習ってもいないくせに特技にしてしまうあたり、
なんかすごいですね。有言実行というか。
でも、夢や願い事は口に出さないと叶わないとも言います
から、ある意味次女ちゃんの行動は正しいですね。

実は、うちの次女も目下ピアノ教室に通ってます(笑)
既に、僕よりも上手いです。
っていうか、僕は「ネコ踏んじゃった」しか弾けません
けど(笑)

>先日の素敵な贈り物、SNSの日記に写真何枚かUPしました♪
>もしお時間ありましたら見にいらしてくださいませ(^_^)

ありがとうございます!
早速拝見いたしました。

空飛ぶラムちゃんのアイデアはよかったです~(^^)
by サナギン (2011-05-25 11:21) 

ガンガンガン速

お邪魔いたします。

子供の習い事って、プッシュするか引けばいいのか、
悩むことがありますよね。

by ガンガンガン速 (2011-05-25 15:46) 

サナギン

●ガンガンガン速さん

はじめまして(^^)

>子供の習い事って、プッシュするか引けばいいのか、
>悩むことがありますよね。

そうなんですよね。
子供の成長のためだと思うと、思わず投資したく
なるのですが、子供にとっては、いい迷惑だったり
する時もありますからね。
難しいですよね(^^;)
by サナギン (2011-05-25 17:24) 

ジャムおばさん

学童保育の先輩ママさんに、バトン部は怖い所だと聞かされていました。発表会前は衣装作りで忙しくて、バトンの先生が衣装が気にいらないと真夜中でも衣装の手直しする様にとの連絡網がくるそうです。それが辛くなってバトン辞めたいと告げると、女郎の足抜けするみたいに大変だと…

どんなスポーツも身近な指導者や仲間に恵まれていると楽しいですよね!TAEBOの素晴らしさもありますが、芳子先生とサークルの仲間に恵まれています。

ビリー関連商品を取り止めてからBB.netの廃止まで長かったです。紳士的な閉鎖だなと思いました。BB.netの後継ナナクルに入会しましたが、体重公開されるは、肝心の商品紹介コーナーは工事中でした。そんな訳で時々このプログ立ち寄らせて貰います。
by ジャムおばさん (2011-05-28 07:19) 

サナギン

●ジャムおばさん

こんにちは〜
確かにバトンクラブは衣装作りとか大変なんですよね。
また結束力があるので、辞めるのが大変というのも
分かる気がします。
でも、仲間や指導に恵まれているという点では、バトン
クラブもニーレイズに通じるものがあると思いますよ(^_^)

BB.netの廃止は残念でしたね。ナナクルは様子見でしたが、
まだまだ未完成のようですね。安住の地が早く見つかると
いいのですが…(^_^;)
これからもよろしくお願いします!

by サナギン (2011-05-29 09:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0