So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

【靴のIoT】スマートフットウェアOrphe(オルフェ)を体験! [スポーツ]

スマートフットウェアOrphe(オルフェ)
を体験してみたので、率直な感想など。

まずは、オルフェを履いてアクロバットな
動きをしてみた動画をどうぞ~



どうです?
なかなか面白いでしょう?

スマートフットウェアOrphe(オルフェ)、
どんな事が出来るのか?

大きく分けると次の二つ。

・靴底が光る

・靴の動きと連動して、スマホから音を鳴らす

また、上記の「光」「音」に関しては、
スマホのアプリで編集が可能。

さらに、開発キットを使うと、「光」「音」の
制御を行うプログラミングが可能。

さて、上記のような機能を備えたハイテク
シューズですが、実際に履いてみた感想。

・目立つ!注目の的!
・子供たちが大喜び
・誰でも楽しめる

なんというか、新しいオモチャを手に入れた
気分ですね。

とにかく、その場が盛り上がること間違いなし。

使用感ですが、

・重い
・ちょうどいいサイズが無い
・価格が高い
・目立ち過ぎる

という残念な感想。


【重い】

まず、重さですが、オルフェは一足で1kg~1.2kg
の重量があります。

例えば、一般的なスニーカーの重さは300gくらい。
ランニングシューズだと、200gくらいでしょうか。

ですので、オルフェを履いて、普通に歩く分には、
さほど重さを感じないのですが、いざ、ダンスを
したり、アクロバットをしようとすると、その
重さが文字通り、足を引っ張ります。

具体的には、普段、なんでもないダンスの
ステップでつまずいたり、足が上がらなかったり
します。

アクロバットだと、普段の感覚で宙を舞うと、
着地が取れずにこけます。

僕も、イベントで使おうと思って練習して
みたのですが、初めはものすごく扱いにくく
感じました。

手元にオルフェがあって練習できるなら
ともかく、もし、手元にオルフェが無い場合は、
足首に500g~1kgのウエイトを巻くなどして
重さに慣れる必要があると感じました。


【ちょうどいいサイズが無い】

次にサイズですが、これはもう、どうしようも
ないのかもしれませんが、以下のサイズしか
用意されていません。

23.5cm、25.5cm、27cm、28.5cm

僕は足が小さく、実寸24.5cmで、普段は
24.5cmもしくが25cmの靴を履いています。

ですので、オルフェのサイズは、25.5cmを
履くしかなかったのですが、当然、靴の中で
足先が遊んでしまう感じでした。

少し、厚手の靴下を履いて、靴紐をきつく
結んで調整しましたが、ダンスやアクロバット
をする上では、サイズの合わない靴、しかも
かなり重たい靴というのは、デメリットだと
感じました。


【価格が高い】

価格 44,800円(税込)

Orphe(オルフェ)をみんなに見せると、
すごく履いてみたい!欲しい!という反応が
あるのですが、値段を告げると、皆一様に
引きますね。

「靴」として見た場合、確かに高すぎるんです。

いや、普通にね、何パターンかの種類で
光るだけでいいのならば、3,000円くらいで
買える靴があるんですよ。
(不良品も多いみたいですが・・・)

ダンサーやパフォーマーは、衣装の一つと
して靴を捉えるので、Orphe(オルフェ)に
44,800円(税込)の価値は見出せないんだ
と思います。

一般の人にとっても、同じ事が言えると
思います。

僕なんか、この値段を聞いた時に
「PlayStation4、買えちゃうじゃん!」
って思ってしまいましたもの。
(PlayStation4 Proが44,980円+税)


【目立ち過ぎる】

これはオルフェのメリットでもあり、
デメリットでもあると思います。

オルフェの靴の光り方は、めちゃくちゃ
キレイなので、みんなの視線が靴に
釘づけになります。

なので、ダンスやアクロバットの
パフォーマンスそのものを見てもらえ
ないという、ジレンマがあります。

もちろん、オルフェを目立たせるような
振り付けや、構成を考えればいいのかも
しれませんが。

かっこいいダンスやアクロバットを
決めても、オルフェがかっこよく
見せている、そんな感覚に陥ります。

なので、オルフェに負けないように、
ダンスやアクロバットの質を上げないと
全部オルフェに持っていかれてしまい
ます(笑)


【総評】

僕にとっては「宝の持ち腐れ」でした。

オモチャとして遊ぶ分には、申し分ないん
ですけどね~
ハロウィンとか、パーティとか、なんか
そういうシチュエーションで注目を集めたい
のならば、これ以上にないアイテムだと
思いました。

もし、僕にプログラミングのスキルがあるの
ならば、ある特定の動きにのみ反応する
ようにしたら面白いかなぁって思いました。

例えば、靴底が天井を向いた時だけ、
派手に光って、拍手の音が鳴るとか。

ダンスもアクロバットも、倒立をしたり、
チェアを決めたり、バク転したりと
派手なパフォーマンスがあるんですよね。

そういう派手なパフォーマンスの時って、
靴底が天井を向く瞬間が多いように思います。

だから、その瞬間だけ、派手に光ると、
パフォーマンスにアクセントがついて
いいかなぁって。

拍手が鳴るのは、観客に拍手してくれー!
というアピール(笑)


【こういう人なら使いこなせるかも?】

Orphe(オルフェ)に44,800円(税込)の
価値を見いだせる人って、やはり、自在に
プログラミングで光と音を制御できる
スキルを持った人なんじゃないかなぁ。

あと、それをどういう風に自己表現に
転化できるかを想像できたり、そのスキルも
持ち合わせている人。

あとはそうだなぁ・・・
お金持ちの人?(笑)

「44,800円(税込)?安い安い」
って言ってしまえるほど、
お金に余裕のある友達が、僕の周りには
いないので、分かりませんが。

まぁ、ネット上に転がっているOrphe(オルフェ)
の記事って、最先端のテクノロジーで、
とんがったアート的な表現で、Iotと未来を
感じさせてくれるみたいな、そんな記事を多く
見たので、僕みたいな一般ピーポーが履くと
どう感じるのかを、率直に書いてみました。

そこから見えたものは、おそらく「作り手の想い」
と、「使う側の想い」とのギャップにあるのだと
思います。

そのギャップの大きさが、
価格 44,800円(税込)
に反映されているのかなぁ~って。

もちろん、作り手が、一般ピーポーではなく、
ハイエンドなアーティストを対象にしている
のであれば、まぁ、そうですよね~って
笑うしかないのですが。

じゃあ、一般ピーポーは、いくらだったら
買うの?って話になるのかな、やっぱり。

個人的には、15,000円~20,000円くらい
が妥当かと思いました。

未来を感じさせてくれる、面白い商品だとは
思うんですけどねぇ。





nice!(0)  コメント(0) 

メトロイド サムスリターンズ クリアに27時間も掛かった話 [ゲーム]

メトロイド サムスリターンズ
アイテム回収率100%で、クリアしました。

クリアまでに要した時間
27時間30分47秒

長っ!(笑)

1026_2.jpg

日数にすると、ほぼ一カ月間、ずーっと
メトロイドしてました。

自宅では、なかなかゲームしずらい環境でして。
出来ても、日に30分とか1時間くらいしか
ゲームに割く時間がなかったので。

年齢的にも45歳なので、反射神経も鈍いと
思われ、クリアするまでに、何回死んだ
ことか・・・(泣)

まずはじめに、
3DSの裸眼立体視の機能の恩恵を初めて
感じたのが、「メトロイド サムスリターンズ」
でしたねぇ。

いやぁ、すごい。
本当にすごい。
奥行きの細部まで描かれた描写が。

横スクロールのゲームだと分かっている
のに、画面の縦(奥側)にも進めるのでは
ないか?と錯覚してしまうほどでした。

だもんで、常に裸眼立体視の機能をマックス
状態でプレイしましたね。

非常に眼は疲れましたが。
これで視力が落ちたとしても、後悔はしない。
それくらいの覚悟でプレイしましたよ。

というか、裸眼立体視の機能を使わないと、
「メトロイド サムスリターンズ」をフルに
楽しめないと思うんですよね。

また、
今回のメトロイドは、アイテムの在りかが、
マップ上にすぐに表示されるので、
どうしても未回収で、回収率100%にならない
ということは少ないかと思います。

あと、エリア毎のアイテム回収率が
マップメニューで表示されることも、
モチベーション維持につながりました。

ただ、アイテム回収の一つ一つがパズルの
ようなミニゲームのような感じで、ちょっと
頭を使った謎解きが必要だったりします。

特に、サムスがパワーアップしていないと
絶対に回収できない場所などもあります。

そんな時に、すごく役に立ったのが、
マップメニューにある、マップマーカー
という機能です。

これは、逆三角形(▼)の何色かある
マーカーを、各エリアごとに10個まで
セットできるというものです。

例えば、赤いトゲトゲが邪魔していて、
今のサムスの状態では、絶対に回収不可能
だと判断した場合、その赤いトゲトゲの
ある辺りに、マップ上で赤いマーカー(▼)
を、セットすることができます。

水色の結晶のようなブロックが邪魔で
アイテム回収が出来ない場合には、
マップ上で水色のマーカー(▼)をセット
してあげます。

マーカー(▼)の色は、何種類か用意されて
いるので、障害物と色の関係性を自分の中で
決めておくと、その時は回収できなかった
アイテムも、サムスがパワーアップした
あかつきには、

「あ!このパワーアップならば、赤い
 マーカーのアイテムは回収できる!」

となり、アイテム回収が非常にはかどります。

なんとなく、「世界樹の迷宮」のような
マッピングが出来るので、より自分で探索
している気分が出てオススメです。

それでも、どうしても最後のメトロイドと
対戦するまで破壊できない障害物がありまして、
すごく悩みました。

これは、アイテム回収率100%は不可能だと
諦めたのですが、最後のメトロイドを倒すと
その障害物が壊せるようになり、それはもう、
スッキリしました。

っていうか、俺のモヤモヤを返せと言いたい。
まぁ、カワイイから許すけど(笑)

あと、メトロイド サムスリターンズには
たくさんの強敵が出現しますが、一番死んだ
のは、あの機械野郎ですかね。

執拗に追いかけ回される場面では、本当に
3DSを投げつけたくなりました。
あんなん無理やろ・・・。

いざ、タイマン勝負!という場面でも、
正面突破できず、なんかパズルゲームの
ような感じで、攻略法を見出すまでは、
ひたすら弾幕を回避しながら、画面を
うろうろし、あーでもない、こーでもないと
死にながらの試行錯誤。

当然、一日では攻略できず、どうしたら
攻略できるもんかと、悶々と考えたりする
のは、今振り返れば、いい思い出。

我ながら、攻略サイトとか見ずに、よく
クリアできたもんだと、褒めてあげたい。

あー、あとあれな。

逃げ惑うメトロイドとか、
リアルにゴキブリ退治している感じと
そっくりでした(笑)

あんまり必死に逃げるもんだから、
情が移ってしまい、かわいそうになって
きちゃった。

むしろ、こっちの方が侵略者だし、そりゃ
いきなり攻撃されたら、反撃してくるよね。

何の罪もないのに、殺さなくちゃいけいない
なんて、ごめんなー・・・みたいな。

しかも、そんなメトロイドが30匹以上
いるんだから、本当、害虫駆除以外の
なんでも無い。

そこに正義があるとするならば。

いや、正義は無いな。

あくまでも仕事。

金で雇われたハンターだし。

仕事として引き受けた以上、責任をもって
職務を全うするだけだ。

だもんで、当然、親玉と対峙した時も、
罪悪感いっぱいでしたね。

親玉だって、
単に自分が生んだ卵を守っているだけだし。

むしろ、子供たちが殺されて怒っているのは、
メトロイドの親としては、当然のことだし。

そういう感情が生まれたのは、僕も人の親に
なって、親の気持ちが分かるようになった
からなのかもしれないですねぇ・・・。

ここで、僕とメトロイドの歴史でも
振り返ってみましょうかね。

僕のメトロイド歴は1986年にファミコンの
ディスクシステム向けに発売された初代の
「メトロイド」が最初の出会いでした。

当時14歳。
まさに、中二病どストライクの思春期に
出会いまして。

あの当時、中学生にもなってゲームに
夢中になっている人って、あまりいなくて。

だいたいファミコンが流行ったのって、
小学生の頃で、中学に入ると、みんな
部活だ、恋愛だなんだで、アニメとか
ゲームが好きという事を公言するのが
はばかれるような雰囲気があったんです
よね。

それこそ、中学校なんて、めっちゃ陰湿で
ヲタクのレッテル貼られたら、即イジメの
対象みたいな感じでしたし。

だもんで、隠れゲーマーだったと思うの
ですよね、当時は。

そんな中で、出会った「メトロイド」は
特に印象深いゲームでしたね。

それこそ、あの当時、映画「エイリアン」を
リアタイで観ていた世代ですので、あの
映画の世界が、まんまゲームになった
みたいな緊張感がありまして。

心細い。

怖い。

難しい。

でも、パワーアップすると快感!

ってな感じで、当時の中学生の自分を
主人公に投影して、夢中でプレイしてました。
自力でクリアした時の感動は、今でも
忘れられません。

まぁ、主人公のサムスの正体が女性だと
知った時には、俺の青春を返せ!って
感じでしたが(笑)

いや、むしろ、サムスのビキニ姿見たさに
夢中になったという。
中二病。

そして、時は流れ、1994年。
スーパーファミコンで「スーパーメトロイド」
が発売されました。

この時、僕は22歳。
大学4年生になろうかという頃ですが、
いまだにゲームしてましたね(笑)

いや、それなりにサークル活動したり、
アルバイトにいそしんだりと、人並みな
生活を送っていたとは思うのですが、
それでも、ゲームはやめられなかった
ですね。

もちろん「スーパーメトロイド」にも
夢中になりました。
それこそ、時間が無限にあるような
大学生なので(笑)、寝る間も惜しんで
メトロイドしていましたね。

ちなみに、この当時に付き合っていた
彼女が、今の奥さんだったりしますね。
ゲーマーでも、リア充だったんですね(笑)

さらに、時は流れ、2003年。
ゲームボーイアドバンス向けに
「メトロイドフュージョン」が発売され
ました。

当時、僕は31歳。
既に、結婚して、子供も一人産まれまして、
一家の主になっていました。

さすがに大人になってまで、ゲームはして
いないでしょう?と思われるかもしれませんが、
携帯ゲーム機の登場により、場所を選ばずに
ゲームが出来ることは、社会人にとっては
大きなメリットだったんですよね。

「メトロイドフュージョン」も面白かった
のですが、やはり画面が小さいことが、
不満でしたね。

翌年2004年に発売された
「メトロイド ゼロミッション」もしかり。
初代のメトロイドのリメイクということで、
当時を懐かしがりながらも、かつては
クリア特典でしか見れなかったサムスが、
パワードスーツを脱いだ姿で登場し、操作
できるという展開には、かなり驚かされ
たのを覚えています。

それから、さらに13年の時を経て、
3DS向けに「メトロイド サムスリターンズ」
が発売されたわけです。

1026_1.jpg

僕もすっかりおじさんになりまして、
45歳です。
白髪も目立ち、老眼で、目がしょぼしょぼ
するし。
体力の衰えを感じます。

子供も三人授かりまして、
「メトロイド ゼロミッション」が発売
された時に3歳だった長女も、すでに
高校二年生になっていました。

時の流れの速さを感じますね~

10年以上も、横スクロールのメトロイドが
発売されていなかったので、もう、2Dの
メトロイドは登場しないんじゃないかと
思っていたんですよね。

いやぁ、長生きはしてみるもんですね~(笑)

そんな感じで、僕の人生はメトロイドと
一緒にあるといっても過言ではないわけ
ですね。

ちなみに、FPS型のメトロイドプライム
シリーズはやってないんですよね。

僕にとってのメトロイドは、やっぱり
横スクロールの2Dメトロイドなので。

この先、横スクロールのメトロイドの
新作って、発売される予定、あるのかなぁ。

「メトロイド ゼロミッション」が初代
「メトロイド」のリメイク。

「メトロイド サムスリターンズ」が
「メトロイドII」のリメイク。

となれば、次は
「スーパーメトロイド」のリメイク?

でも、「スーパーメトロイド」は、あれで
かなり完成度が高いし、あれをリメイク
することは、下手をすると改悪になり
かねないですよね。

とすれば、やはり完全新作ストーリーの
横スクロール型メトロイドに期待したい
ですね。

この先、何年掛かっても構いません。
待ち続けますよ。

余談ですが・・・
僕の長男(小学三年生)に、
「メトロイド ゼロミッション」を初めて
プレイさせてみたところ、めちゃくちゃ
はまりまして、食事中も会話の話題が
全部メトロイドで埋め尽くされております。

血は争えないというか、こうやって
世代を越えて、メトロイドが継承されて
いくことに、ゲーマーとしては誇りを
感じます。

長男が僕に描いてくれたメトロイドの
イラスト。

1026_3.jpg

僕の宝物です(^^)


メトロイド サムスリターンズ

メトロイド サムスリターンズ

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



メトロイド サムスリターンズ SPECIAL EDITION

メトロイド サムスリターンズ SPECIAL EDITION

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



amiibo メトロイド (メトロイドシリーズ)

amiibo メトロイド (メトロイドシリーズ)

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



amiibo サムス・アラン (メトロイドシリーズ)

amiibo サムス・アラン (メトロイドシリーズ)

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



amiibo サムス(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

amiibo サムス(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



amiibo ゼロスーツサムス(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

amiibo ゼロスーツサムス(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



nice!(0)  コメント(0) 
前の2件 | -