So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

映画「君の名は。」は美しい「怪談」だったなぁ。 [アニメ]

いま話題の映画
「君の名は。」を、家族で観ました。

感動しました。

涙、だーだー流して、鼻をチーンって
かみながら、子供に

「あれ?おとうさん、泣いてるの?!?」

って、指さして笑われながらも、ええ、
感動しましたとも!

歳とってから、確実に涙腺が緩んでるなぁ
って、思いますね(笑)

で、自分なりに、物語を反すうして、
何に心を動かされたのかを、考えて
みました。

※※※※以下ネタバレ含みます※※※※


まず、この映画の本筋って、怪談なんです
よね。

主題歌を歌うRADWIMPSの軽快なポップス。
新進気鋭のアニメーターによる緻密な
風景描写や、生き生きとした登場人物。
思春期の少年少女が入れ替わるドタバタ
コメディと、ボーイミーツガールな展開。

これらのオブラートに包まれて、怪談が
感動的な美しい物語に昇華されているので、
正直、怖いという感想は無く、むしろ
美しいとすら思うわけです。

先日、郷内心瞳さんの著書、
『拝み屋怪談 禁忌を書く』 を読んだ
ばかりだから、こんなことを感じるの
かもしれませんが。

-------------------------------------

ある日、少年に、魂(精神)の入れ替わり
という現象が発生し、見ず知らずの
女の子になっていた。

その現象は、一度だけではなく、頻繁に
起こるようになった。

始めのうちは、おもしろい、不思議な
こともあるものだなぁと感じていたが、
次第にその相手の素性が気になり、
会ってみたいと思うようになった。

それで、思い切って、連絡を取ろうと
試みたが、電話が通じない。

仕方なく、直接会いに行ってみると、
その相手の女の子が、三年前に既に
亡くなっていたという事が分かった。

-------------------------------------

ほらね。
これだけ読むと、背筋がスッと寒くなる
怪談ですよね。


ただね、郷内心瞳さんの
『拝み屋怪談 禁忌を書く』のレビュー
にも書きましたけど、怪談というのは、
何も怖くて恐ろしい話を指すわけでは
ないんですよ。

怪異。
つまり、化け物や妖怪の類ではなく、
日常に潜む、ちょっとした不思議な現象、
どう考えても、理屈では片づけられない、
あり得ない事象。

そんな怪異をまとめた話が、怪談なんです。

そして、怪談の多くは、死者との対話に
あるんですよね。

そりゃ、世の中に恨みつらみがあって、
「うらめしや~」って化けて出てくる
幽霊もいるでしょうよ。

でも、見方を変えれば、あれだって、

「私は死んでも死にきれないんだよ」

って、生きている人間に、うったえ
かけているだけですからね。

怪談の中には、それこそ、生きている
人間を見守り、時には枕元に立ったり、
目の前に現れたり、優しく包み込んで
くれたり、語りかけてくれたりする、
そんな視えざる存在もいるわけです。
(それを幽霊とは呼びたくないけど)

「君の名は。」の女の子も、後者の
ほうですよね。

映画が公開されたのは、2016年。
3.11の震災から、5年が経ちました。

その時間が意味するものは何か。

たぶん、一つの節目なんだと思います。

郷内心瞳さんのTwitterで知ったの
ですが、東日本大震災後に、あの津波の
被災地では心霊体験が多く語られる
ようになったそうです。

そういう、被災者の体験談をまとめて
「震災怪談」として書籍化したり、
朗読会を開いたりしているそうです。

そういうニュースを耳にすると、
たくさんの人間が亡くなったのに、
それを怪談にするなんて、不謹慎だ!
と言う人が、たくさんいるそうです。

ただ、前述したように、怪談という
ものは、別に怖い話ばかりではないん
です。

確かに、イメージとしては、暗い照明と
おどろおどろしい効果音で「いかにも
出そう」という演出の中で、語り手が、
ボソボソと怖い話をし、聞き手が
「キャーッ!」と肝を冷やす、そんな
場面が思い浮かびますよね。

あれって、思うに、テレビで植えつけ
られた、怪談のステレオタイプですよね。

だから、「怪談しようぜ」なんて言うと、
ちょっと面白いような、肝試しのような
そんな風に、死者の魂をネタに遊んで
いるような感じに思われちゃう。

だから、「震災怪談」なんて聞くと、
不謹慎な!ってなる。

じゃあ、聞くけど、「君の名は。」を
観て、「なんて不謹慎な!」という
感想を持った人がいますか?って話。

いませんよね?

むしろ、被災して、この世から
跡形も無く消えてしまった死者の声を
感じ取り、震えましたよね?

あの惨事から、一人でも多くの人を
救えるものならば、救ってあげたい。
そう思いましたよね?

だからこそ、僕らは、三年前に既に
亡くなっていた少女に寄り添うことが
できたし、全身全霊を持って、その
彼女に会い、彼女を救おうという
少年に感情移入することができたの
だと思います。

3.11の震災から、5年が経って、
あの震災が特別なものでは無くなりました。
日本の各地で、いや、世界中で、
震災や異常気象による災害が発生して
います。

もはや、対岸の火事と思っていられる
ほど、呑気な世界ではなくなって
しまっています。

日常と非日常とが、隣り合わせにあり、
僕らがいつ、被災者になっても
おかしくない現実。

そんな危うさをリアルに感じている
からこそ、「君の名は。」で起こった
出来事は、ある意味、リアリティを
持って、観る人に訴えかけてくる
ものがあるんだと思います。

僕が映画「君の名は。」で涙を流した
ものは、3.11以降、いや、それよりも
ずっと昔から、悲惨な戦争で、
何百、何千、何万という命が失われて
いったという事実も含めて

生きたくても、生きられなくて。

悔しくて。

無念だったろうに、って。

そういう死者の想いと、幽霊でもいい
から、逢いたいという、残された人の
想いが交錯する時に、どう考えても、
理屈では片づけられない、あり得ない
事象、「怪異」が起こるかもしれない。

その可能性と、そういう奇跡があって
欲しいという願いが、感動を生んだんだ
と思いました。

もし、現実に、そういうことが起きたと
したら、科学的に証明もできないから
それを、誰かは「思い込み」と笑う
かもしれない。

でも、視えている、体験している
当事者にとっては、それは紛れもない
事実で、奇跡なんですよね。

そう思ったら、流れた涙が止まらなく
なりました。



「君の名は。」美しい怪談だったなぁ。


ちなみに、小説版「君の名は。」も
読みました。

ストーリー自体は、映画と一緒ですが、
主人公たちの心理描写が細かく
描かれていたので、映画を補完する
意味では、読んでおいて損はないと
思います。

おもしろかったのは、深海誠監督の
「あとがき」と、プロデューサーの
「よせがき」かなぁ。

ああいう制作裏話は、いいですよね。

特に、
深海誠監督が、RADWINPSの
出来上がったばかりの「前前前世」の
デモテープを初めて耳にして、
雨の中で号泣したというエピソード
とか聞くと、こっちまで泣きそうに
なります。

思うに、この映画って、作り手みんなが
深海誠監督の作る映像に惚れ込んで
一緒にいい作品を作りたい、って
気持ちが強かったんでしょうね。

声優さんも、アニメーターも、
脚本家も、プロデューサーも、
RADWINPSも、監督も!

いろいろな人が、自分の役割以上の
働きをしたから、観ている観客にも
その熱意が伝わったんじゃないか
って思います。

早くブルーレイディスク、発売されない
かしら~(^^)


小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

  • 作者: 新海 誠
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 文庫



新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

  • 作者: 新海 誠
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/08/27
  • メディア: 単行本



君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 加納 新太
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/30
  • メディア: 文庫



君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2016/08/24
  • メディア: CD



『拝み屋怪談 禁忌を書く』 書かれていたのは禁忌ではなく・・・ [本・コミック]

郷内心瞳さんの新刊
『拝み屋怪談 禁忌を書く』
を読みました。

拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/23
  • メディア: 文庫


「拝み屋」というのは、
先祖供養、交通安全、安産祈願、合格祈願
など、依頼主から依頼された案件に対して
拝むことを生業とした職業です。

そういった、「普通」の案件もあれば、
祟りのお祓いなど、「特例」の案件も
あるそうです。

そんな現役の「拝み屋」が、小説を書いて
いて、今回の新刊で、4冊目になります。

小説と言っても、空想などのフィクション
ではなく、すべて、本人が見聞きしたり、
実際に体験した実録、つまり、ノンフィク
ションである、という点が、この一連の
著書の特徴でもあります。

僕自身、そんなに怖いモノが好きかと
言われると、決してそんなことはなく。

テレビゲームのバイオハザードは、初回の
しょぼいグラフィックのでさえ、恐怖で
先が進めなくてクリアを断念したほどの
ビビリです。

ただ、不思議なモノには、大変興味が
あります。
例えば、UFO、宇宙人、UMA、古代遺跡、
心霊現象、などなど。

「もしかしたら、実在するのかもしれない」

おそらく、現実と空想の狭間にある、
あやふやな、不確定な、グレーの領域に、
真実を知りたいという探究心がうずく
のだと思います。

一言で表すと「ロマン」です。

話を元に戻すと、郷内心瞳さんの書く
小説には、そんな「ロマン」があるの
です。

今回の新刊
『拝み屋怪談 禁忌を書く』
ですが、タイトルから想像すると、
この刊の中で、禁忌となる怪談が書かれて
いるのではないか?と思われますよね。

実はそうではなく、著者はすでに、禁忌
となる怪談を、
『拝み屋郷内 花嫁の家』
という小説にして発刊しているのです。

拝み屋郷内 花嫁の家 (文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 花嫁の家 (文庫ダ・ヴィンチ)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 文庫


今回の『拝み屋怪談 禁忌を書く』は、
『拝み屋郷内 花嫁の家』を書くにあたり
著者が2014年の春から秋にかけて体験された
怪異の実録、いわば、後日譚なのです。

では、『拝み屋郷内 花嫁の家』のほうを
先に読んでいなければ、話が分からない
のか?というと、そうでもなく。

今回の『拝み屋怪談 禁忌を書く』を
読んで、興味を持ったなら
『拝み屋郷内 花嫁の家』を読んでみる
という流れでもよいと思います。

ただ、『拝み屋郷内 花嫁の家』は、
著者が「禁忌」というだけあって、
なんていうか、特別な物語ですので、
一読する価値はあるかと思います。
めちゃくちゃ怖いですけど、それだけ
ではない、感情を揺さぶられる「何か」
がありますので・・・。


さて、前置きはこれくらいにして、
『拝み屋怪談 禁忌を書く』のレビュー
をしましょうか。

今回はズバリ!泣けます!!

あと、お墓参りに行かなくちゃ!って
気持ちになります(笑)

全体の構成としては、
『拝み屋怪談 逆さ稲荷』のような感じ
です。

拝み屋怪談 逆さ稲荷 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 逆さ稲荷 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/06/20
  • メディア: 文庫


一冊(293ページ)の中に、53編の怪談が
収録されています。
平均すると、一つの怪談は5.5ページ。

あくまでも平均なので、中には、たった
1ページで終わる怪談もあれば、10ページ
を越える怪談もあるといった感じです。

なので、忙しいサラリーマンのような
僕でも、通勤やちょっとした隙間時間に
サクサク読めるのは、実はちょっと
有難い構成だったりするのです。

怪談と言っても、中には、まったく
恐ろしくない話もあります。
というのも、これは「怪異」を集めた
小説なのです。

「怪異」とは、何も化け物や妖怪の類を
指すのではなく、どう考えても説明の
つかない、奇妙な出来事を意味します。

例えば「餃子ライス」という怪談が
あります。

ドライブインで注文した餃子ライスを
食べようと思ったのに、餃子が紛失した、
というような話です。
(オチが面白いので詳細は書きませんが)

郷内心瞳さんの怪談には、時折、「食」
に関するものが登場するのですが、
個人的に、結構好きなんですよね。

『拝み屋怪談 逆さ稲荷』に収録されて
いる「サンドウィッチ」とかも、すごい
オチを期待してしまうのですが、
「で?」というところで話が終わって
しまう。

オチないんです。

つまり、

「昔、こんなことがあったんですよ」

と聞かされて、

「へぇ~、それは不思議ですねぇ・・・。
 で?」

となるわけです(笑)

でも、実際の会話って、そんなものです
よね。だからこそ、なんだか真実味が
あって、よくよく考えてみると、ちょっと
怖くなったりするんだと思います。

では、そういう怪異ばかりを集めた怪談集
かというと、そうではなく、軸となる怪異が
4本(4人と言ったほうがいいのかな?)
あります。

いずれも女性です。

4人の怪異を持つ女性の間で振り回される
主人公と聞くと、どこぞのライトノベルを
思いだしますよね(笑)

いや、確かに、その女性たちが、いずれも
可愛ければ、たとえ相手が幽霊や霊感体質
であったとしても、ハーレムなのかもしれ
ません。

でも、『拝み屋怪談 禁忌を書く』を読んで
いただくと分かりますが、決して羨ましい
なんて気持ちは、これっぽっちも湧いて
きません。

また、
郷内さんは、著書の中で度々、霊能力に
憧れる、それを欲する人たちと、その顛末
についての怪談を書かれています。

他人には無い能力に憧れる気持ちは、よく
分かるのですが、こと、霊能力については
望まないほうがよいと思います。

肝試しで心霊スポットに行ってみたり、
こっくりさんをやってみたりと、不用意な
行動を取ることも、慎むべきだと思います。

郷内さんが、どれだけ日々、恐れながら、
神経をすり減らし、命を削りながら生きて
いるかが、よく分かるからです。

本著では、特に、そのような『教訓』が
含まれているようにも思えました。


あと、こんなことも思いました。


「郷内さんの本を読んで以来、前よりも
 身の回りに起きる心霊現象がひどくなった」

これは「思い込み」なのだといいます。

一方、著書の中で

死者の思いは、生者の思いを超越するほど
素晴らしい奇跡を起こすことがある。

と、郷内さんは語ります。

死者の想いというものは、遺された者の
そばに脈々と残り続ける、というのだ。

果たして、そうなのでしょうか?

それこそ、「思い込み」ということは
ないのでしょうか。

ただ、様々な怪談や、自分の実体験を
通じて分かったことは、自分以外の他者が
その怪異を目撃したり、一緒に体験をした場合、
それは「思い込み」ではなく「事実」と
なり得る、ということです。

何を当たり前な、というかもしれませんが、
怪談の多くは、他人から聞いた話なので、
その真偽のほどは、分からないのです。

かくいう自分の観た怪異でさえ、

「思い込みなんじゃないか?」

と問われると、それを完全に否定できない
のです。

それくらい、記憶というものは曖昧で
あやふやなものでしょう。

例えば、僕が現在に一番近い時間軸で
感じた怪異について、記して、この
レビューの締めくくりにしたいと思います。

2009年12月4日

自宅への帰り道、最寄駅のエスカレーターを
登っている途中で、ゴトン!という大きな
音を立てて、何かが足元に落ちました。

見ると、僕の腕時計でした。

おかしいな?
ちゃんと、手首にはめていたはずなのに。

拾い上げて見てみると、時計のベルトが
切れていました。

一瞬、表情がサッと青くなって、その場で
あわてて、母に電話を入れました。

「お父さん、大丈夫?」


その日は、末期癌で入院中の父を見舞いに
行った帰り道でした。

医者からは、

「今日が峠かもしれない」

と言われ、覚悟して行ったのですが、
何とかその日は持ちこたえ、父の意識も
はっきりとしていたので、明日また来る
から、と言って、病院を後にしたばかり
だったのです。

母からの

「何にもないよ。お父さん、寝てる」

との返事に、ほっと胸をなでおろしました。


翌朝、7時を回るか回らないかという
時間だったと思います。

母から父の訃報を知らせる電話があったのは。



今にして思えば
腕時計のベルトが千切れたのって、
「虫の知らせ」というやつじゃなかったの
かしらって、思うんですよね。

「腕時計のベルトが切れた」
というだけでは、たいした出来事ではないの
ですが、それがタイミングによっては、
何か意味を持っているようにも思えてきます。

それを、単なる「思い込み」と捉えるか、
はたまた、父の想いが僕のところに、
危篤を知らせに来たと捉えるか。

捉え方によって、その出来事は「日常」にも
「怪異」や「奇跡」にもなり得るのではない
でしょうか。

■その他のレビュー記事

拝み屋郷内「怪談始末」「花嫁の家」は実話か?

郷内心瞳さんの『逆さ稲荷』を読んだけど拍子抜け?


拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 禁忌を書く (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/23
  • メディア: 文庫




拝み屋郷内 怪談始末 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 怪談始末 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

  • 作者: 郷内心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/05/22
  • メディア: 文庫



拝み屋郷内 花嫁の家 (文庫ダ・ヴィンチ)

拝み屋郷内 花嫁の家 (文庫ダ・ヴィンチ)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: 文庫



拝み屋怪談 逆さ稲荷 (角川ホラー文庫)

拝み屋怪談 逆さ稲荷 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 郷内 心瞳
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/06/20
  • メディア: 文庫



前の2件 | -